その他の鼻の病気

鼻茸(鼻ポリープ)

鼻の中にポリープができている状態です。

症状

  • 鼻詰まり
  • 嗅覚障害
  • 頭痛

原因

ほとんどの鼻茸は、慢性副鼻腔炎、もしくは好酸球性副鼻腔炎によって生じます。

当院で行う治療法

治療法ステロイドを使った薬物療法も選択肢の一つですが、手術による切除がもっとも確実と言えます。(鼻茸摘出術)
ただし、QOL(生活の質)への影響を伴う症状がない場合には、経過観察に留めることもあります。

鼻出血

症状

症状鼻血を飲み込んでしまったことによって、吐き気をもよおすことがあります。また、鼻血が口に流れて、吐血したと勘違いするケースもありますので、注意が必要です。

原因

鼻を触る癖、外傷、アレルギー性鼻炎、鼻中隔湾曲症、抗凝固剤・抗血小板剤の服用、鼻ポリープ、良性腫瘍といった原因が挙げられる他、生活習慣病の方は、鼻出血が起こりやすくなります。

当院で行う治療法

出血箇所を特定し、ガーゼで止血します。電気凝固止血することもあります。腫瘍性の病変が疑われる場合には、その検査を行います。

嗅覚障害

病気、外傷、加齢などによってにおいを感じにくくなっている状態です。

症状

  • においを感じにくい
  • 物のにおいが弱くなったように感じる
  • おいしいと感じられなくなる

原因

細菌やウイルスへの感染、副鼻腔炎、外傷、加齢による嗅覚の変化などを主な原因とします。

当院で行う治療法

内服治療(亜鉛製剤・漢方薬)、ステロイドの点鼻薬の使用などによって治療を行います。
慢性副鼻腔炎を原因としている場合には、手術が必要になることもあります。

鼻骨骨折

鼻骨骨折鼻骨は、目と目の間、鼻の上の方にある骨のことを言います。事故や喧嘩などで鼻骨が折れると「鼻骨骨折」となります。

症状

  • 腫れ、痛み
  • 鼻血
  • 鼻の歪み
  • 鼻詰まり、息苦しさ

原因

事故、喧嘩、転倒など、硬い物とぶつかったときに起こります。

当院で行う治療法

鼻骨骨折で治療が必要になるのは、ほとんどが見た目に問題が生じているケースです。ごくわずかなズレで、その見た目以外に異常がなく、患者様も不要と判断した場合には、治療が行われないこともあります。
治療が必要な場合は、手術により整復します。

一番上に戻る
TEL:06-6494-8700TEL:06-6494-8700 24時間WEB予約24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ・ご相談 English
  • 学会情報 治療成績
  • メディア掲載
  • スタッフ募集
  • 各種イベント