副鼻腔炎(蓄膿症)の原因・症状・治療法

副鼻腔炎(蓄膿症)とは?

副鼻腔炎(蓄膿症)かつては「蓄膿(ちくのう)症」とも呼ばれた、副鼻腔に膿がたまる鼻の病気です。
感冒などを契機に発症して短期間で治る「急性副鼻腔炎」、3か月以上の慢性症状を伴う「慢性副鼻腔炎」の他、根本的な原因の分かっていない難治性の「好酸球性副鼻腔炎」も近年よく見られます。

副鼻腔で起こる炎症が副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔とは、鼻の奥にある空洞のことです。ヒトの副鼻腔には「上顎洞」「篩骨洞」「前頭洞」「蝶形骨洞」と4つの副鼻腔があり、そのいずれかで炎症が起こると「副鼻腔炎(蓄膿症)」となります。

副鼻腔炎(蓄膿症)の種類

急性副鼻腔炎

30日未満で治る副鼻腔炎(蓄膿症)と定義されています。
ウイルス・細菌の感染やむし歯が原因として起こります。また妊娠中の中は、鼻の粘膜がうっ血することで副鼻腔炎(蓄膿症)を発症することがあります。
炎症の強さによっては、副鼻腔の入口が閉鎖して副鼻腔から膿の排出ができなくなり、頭痛や顔面痛、眼痛が生じます。

慢性副鼻腔炎

90日以上症状が持続する副鼻腔炎(蓄膿症)と定義されています。
アレルギー、むし歯、体質、遺伝など、さまざまな原因によって起こります。お子様の場合、免疫力が不十分であったり、アデノイドが大きいことも、慢性副鼻腔炎の発症の要因になると言われています。
悪化すると、粘膜が腫れて鼻茸(鼻ポリープ)を形成することもあります。
慢性副鼻腔炎になってしまうと簡単には治りにくいので、慢性化する前に受診することが早めに副鼻腔炎を治すためにとても大切なことです。

難治性の副鼻腔炎(蓄膿症)「好酸球性副鼻腔炎」

原因不明であり、また難治性の副鼻腔炎(蓄膿症)です。都市部で生活する方に多く見られる傾向があるようで、近年増加傾向にあります。
副鼻腔、鼻茸中の好酸球の増加が見られることから、この名称がついています。好酸球が増加すると、細胞が障害されます。
鼻茸が生じるケースも多く、臭いがしない、鼻詰まりといった症状を引き起こします。また、好酸球性副鼻腔炎から、喘息や肺炎、中耳炎、胃腸炎といった病気を合併することもあります。

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因は?

副鼻腔炎(蓄膿症)に見られる原因として多いのが「ウイルス感染・アレルギー・鼻中隔弯曲症・真菌」です。

1、ウイルス感染(風邪など)

風邪風邪などのウイルスに感染すると、まず鼻腔粘膜で炎症が起こります。炎症が治らず、その奥にある副鼻腔にまで広がってしまうと、副鼻腔炎(蓄膿症)になります。感染が長引くほど膿の排出が難しくなり、急性から慢性副鼻腔炎へと進展してしまう可能性が高くなります。

2、アレルギー(花粉、ハウスダストなど)

アレルギー花粉、ハウスダストなどのアレルゲンが鼻腔粘膜に炎症を起こし、その炎症が波及して副鼻腔炎(蓄膿症)を発症することがあります。

3、鼻中隔弯曲症

鼻中隔弯曲症左右の鼻の穴を仕切る鼻中隔が曲がっていることを「鼻中隔弯曲」と呼び、そのことで鼻詰まりなどの症状があり、生活に支障をきたしている状態を「鼻中隔弯曲症」と言います。鼻詰まりがひどい場合には、鼻腔粘膜で炎症が起こりやすくなります。その炎症が副鼻腔に波及すると、副鼻腔炎(蓄膿症)になります。

4、真菌(カビ)

真菌(カビ)は空気中に浮遊しており、副鼻腔内に入って定着すると副鼻腔炎(蓄膿症)をきたします。副鼻腔真菌症と呼ばれますが、副鼻腔の空間の中にのみ真菌(カビ)がある場合を非浸潤性真菌症と呼び、副鼻腔の粘膜の中にカビが入り込んだ場合を浸潤性真菌症と呼びます。浸潤性は致死性となるため、注意が必要です。 また、非常にまれですが真菌に対するアレルギーが原因でおこるアレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎という病態もあります。

副鼻腔炎(蓄膿症)の代表的な症状は「粘り気の強い黄色い鼻水」

副鼻腔炎(蓄膿症)の代表的な症状は「粘り気の強い黄色い鼻水」です。
水っぽい鼻水が多くなるアレルギー性鼻炎とは対照的です。副鼻腔炎(蓄膿症)が悪化すると、黄色から緑に色が変化することもあります。
鼻水が喉の方に流れる「後鼻漏」も、副鼻腔炎(蓄膿症)の特徴的な症状と言えるでしょう。
その他、以下のような症状がよく見られます。

  • 鼻が常に詰まる
  • 鼻声になる
  • 鼻の穴が狭くなったように感じる
  • 鼻詰まりによる息苦しさ
  • 鼻の奥、鼻水から嫌なにおいがする
  • 頭痛、頭がぼうっとする
  • 鼻の周りの痛み
  • 目の周りの痛み
  • むし歯はないのに歯が痛む気がする
  • 顔を動かしたときに頬の奥に痛みを感じる

副鼻腔炎(蓄膿症)を診断するためにはどんな検査をするの?

鼻鏡や内視鏡による検査を行います。鼻水の量・質、粘膜の腫れ、鼻茸の有無の確認も行います。
また、アレルギーを原因としている可能性がある場合には、血液検査も必要になります。
状況に応じて、レントゲン検査、CT検査、MRI検査を行うことがあります。

好酸球性副鼻腔炎の検査・診断について

好酸球性副鼻腔炎は指定難病ですので、診断基準が定められています。好酸球性副鼻腔炎が疑われる場合には、以下を確認し、診断します。

  • 血液中の好酸球の数の増加
  • 篩骨洞(副鼻腔の一部)優位の副鼻腔炎がある(CT)
  • 鼻茸(鼻ポリープ)の有無
  • 鼻茸中の好酸球の数
  • 気管支喘息の有無
  • アレルギーの有無
  • アスピリン喘息の有無
  • 好酸球性中耳炎の合併の有無

当院で行う副鼻腔炎(蓄膿症)の治療は?

1、保存的治療

保存的治療鼻水の吸引、鼻洗浄、抗生物質の投与などを行います。特殊なカテーテルで副鼻腔内の洗浄・薬液の注入を行うこともあります。
症状が長引く場合には、少量の抗生物質の使用も検討します。

好酸球性副鼻腔炎の保存的治療

好酸球性副鼻腔炎の場合、抗生物質は無効です。ステロイドの内服、点鼻、吸入薬の使用によって、症状のコントロールに努めます。

2、手術的治療

副鼻腔炎の治療保存的治療で改善が見られない場合には、内視鏡下副鼻腔手術を行います。
特に真菌(カビ)を原因とする副鼻腔炎(蓄膿症)に対しては、手術が必要になるケースが多くなっています。副鼻腔の形状は患者様によって大きく異なりますので、手術には高度な技術と経験が求められます。
また、むし歯や歯周病を原因として起こる急性副鼻腔炎(歯性上顎洞炎)の治療において、歯科治療と保存的治療の併用で効果が見られない場合にも手術を検討します。

一番上に戻る
TEL:06-6494-8700TEL:06-6494-8700 24時間WEB予約24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ・ご相談 English
  • スタッフ募集
  • 各種イベント
  • DDマップ
  • 日帰り手術ドットコム

  • マイベストプロ神戸