鼻中隔弯曲症

鼻中隔が曲がる鼻中隔弯曲症

左右の鼻の穴を隔てる板状の組織を「鼻中隔」と言い、その鼻中隔が曲がっていることで鼻詰まりなどの症状を伴い、生活に悪影響を及ぼしている場合に「鼻中隔弯曲症」と診断されます。

鼻中隔弯曲症になる原因は?

身体の成長と共に鼻中隔を構成する骨・軟骨も大きくなりますが、その発達のスピードの差により、ズレが生じ、弯曲します。
その他、格闘技やラグビーなどの激しいコンタクトと伴うスポーツ、喧嘩、事故などで鼻を強打して鼻中隔が曲がることもあります。

鼻中隔弯曲症の症状は鼻詰まり

代表的な症状に、鼻詰まりがあります。鼻詰まりから波及して、頭痛、嗅覚障害などを引き起こすこともあります。

どんな検査をするの?

どんな検査をするの?直接、あるいは内視鏡による鼻の中の視診に加え、CT検査などを行います。鼻詰まりなどの症状の有無を確認して、診断します。

鼻中隔弯曲症の治療は、手術が第一選択

鼻中隔弯曲症の治療は、手術が第一選択鼻中隔弯曲症の治療において、根本的に問題が解決できるのは手術によるものです。

一般的な鼻中隔弯曲症の場合

鼻の穴に入ってすぐのところで粘膜に切開を加え、鼻中隔粘膜を剥離した上で弯曲の強い箇所を切除し、真っ直ぐに矯正してから縫合します。

前方の弯曲が強い場合

鼻中隔の軟骨の前端に沿って切開を加え、鼻中隔粘膜を剥離し、鼻中隔前方・上方の軟骨を温存したまま鼻中隔後方の軟骨を切除します。前方の軟骨をまっすぐに矯正した上で、後方の鼻中隔軟骨を調整し、鼻中隔軟骨の前弯部を補強する形で縫合します。

一番上に戻る
TEL:06-6494-8700TEL:06-6494-8700 24時間WEB予約24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ・ご相談 English
  • 学会情報 治療成績
  • メディア掲載
  • スタッフ募集
  • 各種イベント