アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは、アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が鼻粘膜などを通して体内に入り込んで起こる病気です。季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)通年性アレルギー性鼻炎に分けられます。

アレルギー性鼻炎の種類

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)

季節性アレルギー性鼻炎は、花粉をアレルゲンとするアレルギー性鼻炎です。
スギ・ヒノキ花粉が代表的なアレルゲンです。その他、シラカンバ、イネ、ブタクサなどの花粉もアレルゲンとなります。

代表的な花粉の飛散期間
スギ 2〜4月
ヒノキ 3〜5月
シラカンバ 4〜6月
イネ 5〜6月
ブタクサ 8〜10月

通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎は、ハウスダストをアレルゲンとするアレルギー性鼻炎です。
ハウスダストには、ダニ、埃、ペットの毛、カビなどがあります。ハウスダストは、気管支喘息やアトピー性皮膚炎のアレルゲンになることもあります。

アレルギー性鼻炎の3大症状

「くしゃみ・鼻水・鼻詰まり」がアレルギー性鼻炎の3大症状です。
また、これらの症状が強く現れたときには、仕事や勉強に集中できなかったり、睡眠リズムが乱されたりと、いわゆるQOL(生活の質)の低下を招きます。

当院で行うアレルギー性鼻炎の検査と診断

好酸球・IgEの測定のための血液検査、アレルギー反応の確認のためのスクラッチテスト・皮内テスト・鼻粘膜誘発テストなどを行った上で診断します。

当院で行うアレルギー性鼻炎の治療法

保存的治療(予防・回避、薬物療法)

予防・回避

予防・回避物理的にアレルゲンを避ける・排除することで、アレルギー性鼻炎の予防・回避が可能です。
花粉に対しては、飛散の多い日は外に出ない、外出の際にはマスク・眼鏡をする、帰宅時には上着の花粉を掃う、といった工夫が有効です。
ハウスダストに対しては、小まめな掃除、寝具の小まめな洗濯、ペットを屋外で飼う、といったことが有効です。

薬物療法

使用する薬剤にはいくつかの種類があり、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬、ステロイド薬、点鼻用血管収縮薬などを単独、もしくは組み合わせて治療を行います。

免疫療法

アレルゲンを少しずつ体内に取り込むことで、アレルギー反応とその症状を起こりにくくする療法です。
薬物療法が症状に対する治療「対症療法」であるのに対し、免疫療法では体質を改善して「治す」治療になり、長期寛解が期待できます。
皮下注射による免疫療法が行われていましたが、現在は合併症のリスクが低い舌下免疫療法が保険適用となり、その利用も増えています。2019年の現在では舌下免疫はスギとダニのみが適応です。

手術治療(下甲介粘膜焼灼術・下鼻甲介手術・後鼻神経切断術)

全国でも数少ない「日帰り手術」を実施保存療法や免疫療法で十分な効果が得られない場合には、高周波電気凝固装置を使った「下甲介粘膜焼灼術」と呼ばれる手術を行うこともあります。
また、鼻中隔弯曲症や肥厚性鼻炎によって鼻腔内が形態的に狭く、アレルギー性鼻炎の症状が現れやすい/ひどくなりやすいという方には、「鼻中隔矯正術」や下鼻甲介を切除する「下鼻甲介手術」も選択肢のうちの1つとなります。
くしゃみや鼻詰まりがひどい場合には、「後鼻神経切断術」によって症状を改善させることも可能です。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、医師としっかりと相談した上で手術を選択することが重要です。

舌下免疫療法

スギ、ダニをアレルゲンとするアレルギー性鼻炎の場合は、免疫療法の1つである「舌下免疫療法」も有効です。
治療薬を舌下(舌の裏)に滴下し、一定時間保持してから飲み込みます。
頻繁な通院が不要でありながら長期にわたって効果が期待できる、症状を抑えきれない場合でもアレルギー治療薬の減量が期待できる、といったメリットがあります。

デメリット・注意点

  • 月に一度程度の通院は必要になります。
  • お薬は毎日1回服用する必要があります。
  • スギ花粉症の場合であっても、オフシーズンも服用が必要です。
  • 治療の完了まで、およそ3年かかります。
一番上に戻る
TEL:06-6494-8700TEL:06-6494-8700 24時間WEB予約24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ・ご相談 English
  • 学会情報 治療成績
  • メディア掲載
  • スタッフ募集
  • 各種イベント